補助金支援サイト | 株式会社木立

非対面ビジネスモデルは補助金で☆沖縄の導入企業の成功事例①

非対面型ビジネスモデルへの変換は今、補助金の拡大枠創設で、沖縄のコロナ影響を多大に受けた中小企業を中心にして、急激に進んでいますよね。

対面で商売を余儀なくされている業界において、「非対面ビジネスモデル」への転換が求められ、国も小規模事業者補助金の特別枠を創設し、後押ししています。

多大な痛手を負っていても、非対面ビジネスモデル導入を小規模事業者補助金を沖縄企業も利用することにより、効率のいいビジネススタイルだけではなく、効率もアップさせることができます。

今回は、2020年にコロナ特別対応型が創設された、非対面型ビジネスモデル導入のため補助金制度と沖縄企業での具体的な事例についてお伝えします。

 

非対面ビジネスモデルは小規模事業者補助金で☆
沖縄の導入企業の成功事例①

 

IT導入補助金のケース


例えば非対面型ビジネスモデル導入費用を、IT導入補助金で沖縄企業が補う場合には、2020年は「コロナ特別対応型(C型)」の特別枠が設けられているため、有利な条件で進めていくことができます。

【 非対面ビジネスモデルをIT導入補助金で沖縄企業が導入する場合 】

① サプライチェーンの毀損に対しての対応
② テレワーク導入の整備

→ 補助率は3/4にアップさせることができます。《C類型-2》

ただし「非対面ビジネスモデル」と言われてもIT導入補助金の場合、老舗の沖縄の店舗や事業者になると、「具体的に何をすれば良いのか検討がつかない…」として、なかなか進まないケースも多いです。

また、「どの非対面ビジネスモデルを導入すれば、回復できるのかわからない」と、現状維持を決める老舗店舗や企業も見受けられます。

 

小規模事業者持続化補助金のケース


非対面型ビジネスモデルが導入しやすい補助金は、沖縄であれば「小規模事業者持続化補助金」ではないでしょうか。

コロナショックの影響を多大に受けた沖縄の業界は観光業です。まさに対面型→非対面型ビジネスモデルへの模索が求められています。

ただし、この非対面型ビジネスモデルは同じ補助金でも沖縄の観光業者の場合、一般型(A・B型)ではなく、2020年に新たに創設された【コロナ特別対応型】を選んでください。

【 非対面ビジネスモデルを小規模事業者補助金で沖縄業者が導入する 】

★ 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型(C型)】は、新型コロナウイルスと立ち向かい乗り越えて行くための、非対面ビジネスモデルを主にサポートしています。

→ IT導入補助金と同じく、サプライチェーン(製造~販売までの流れ)の毀損への対応や、テレワーク環境の整備など、コロナの影響からの復活に取り組む業者に対し、その費用の2/3を補助してくれる制度です。

ただし、【コロナ特別対応型】の小規模事業者持続化補助金を申請できるのは、「小規模事業者」であることが条件です。

【 非対面型ビジネスモデルの補助金(C型)が申請できる沖縄業者の条件 】

・商業・サービス業(従業員数・稼働人数5人以下
・娯楽業
・宿泊業
・製造業(従業員数・稼働人数20人以下

…が対象となります。

 

効率アップのための非対面ビジネスモデル


非対面ビジネスモデルはテレアポとも違います。電話は電話でも、話をする目的が商談・受注の獲得などに大きなポイントを占めているからです。

非対面ビジネスモデルは「インサイドセールス」とも呼ばれています。営業活動を効率良く行うことができるのは、非対面ビジネスモデルの最大なメリットではないでしょうか。

【 非対面型ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入する際の注意点 】

★ しかし、本来は対面接客をメインとしていた沖縄の小規模業者が、全部の営業を非対面ビジネスモデルへチェンジするプランは、どのような業種であれハードルが高く、リスクが伴うことは否めません。

→ ですから非対面ビジネスモデルで成功した業者では、インサイドセールスをメインとする一方、対面型におけるウィズコロナ対策も並行して行っています。

非対面型ビジネスモデルのための補助金とともに、沖縄では店舗などの事業再開のためのコロナ対策費用(感染予防対策費)を補填する補助金枠として、「事業再開枠」も創設しました。

事業再開枠は2020年のコロナ特別対策枠に限り、申請前まで遡って補助金が出ますので、別記事「感染予防対策費が返ってくる?沖縄で注目の事業再開枠」も併せてご参照ください。

 

電話は本当に効率のいい方法か考える


非対面ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入するとなると、まず「電話」を想定する個人事業者も多く見受けます。

けれども効率がいいと考えられる反面、伝えることができるインフォメーション量は、対面より少ないと言っていいのではないでしょうか。

そうなると、せっかく企業が魅力的商品を作ったというのに、その商品の魅力を伝えることができなくなる可能性があります。

【 非対面型ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入する☆電話営業 】

★ そこでコロナショックを契機に進めたい事柄が、ホームページ作成SNS開設ECサイト(ネット販売サイト)などの新たな「非対面ビジネスモデル」です。補助金利用では沖縄の老舗店舗や業者でも、サポートしてくれる支援事業者が入るので相談ができます。

→ また現在では、ウィズコロナ時代へ向かう一方で、今まで通りの店舗や電話、対面型のビジネスモデルも温存し、それぞれの良いところを生かし合いながら、新しい時代へ備える小規模事業者が多いです。

このように、ずっとアナログながら温もり溢れたビジネススタイルが魅力の沖縄だからこそ、ウィズコロナ時代へ向かう「全面的非対面ビジネスモデル」へのシフトは、ちょっと注意しなければならないポイントがあります。

それぞれを細々と温存しながら、できる範囲で非対面型ビジネスモデルに補助金が沖縄の小規模事業者にも出るタイミングで、上手くバランスを取り備えることができるとベストです。

 

1日にアプローチできる数が圧倒的に多い


ただ、コロナショックを日本が本格的に迎えた3月から数カ月の月日がたつなか、非対面ビジネスモデルを補助金利用で沖縄の小規模事業者が導入し、早くも一時期の低迷から抜け出しているケースも確かにあります。

例えば収益アップ以上に、非対面ビジネスモデル導入によって企業訪問のための時間が削減した結果、人件費が軽減した事例などもありました。

もちろん非対面ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入したことにより、1日にアプローチできる数が圧倒的に増えた企業も多くあります。

【 非対面型ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入した成功事例 】

★ コストを最小限に留めて成果を最大限に発揮できた他、ネット進出により宣伝アプローチが一気に広がった結果、コロナショックから回復した事例です。

→ その効果を鑑みるとコロナによる影響を省いても、非対面は今後のコストパフォーマンスも充分に高いビジネスモデルですので、補助金の【コロナ特別対応型】創設は、小規模事業者にとって今後の大きな追い風ではないでしょうか。

非対面型ビジネスモデルを、この補助金を契機に沖縄業者が導入すれば、今後は少ない人数でもいい結果を出すことができます。

例えば法人向けの営業支援を行っている企業では非対面ビジネスモデルを導入し、電話の訪問アポをオンラインデモのアポに変更させることで、格段に成績をアップさせることができました。

電話とインターネットの効率の違いも鑑みて進めていくと、なお効果的です。

【 非対面型ビジネスモデルを補助金で沖縄業者が導入☆ネット効率 】

★ テレアポで購買のモチベーションが高いお客様でも、「機会があればよろしくお願いします」という感じで、やんわりとした感じで断られてしまうことが多かった業者の体験談です。

→ 非対面ビジネスモデルを導入し「オンラインデモの案内ですが…」とお声掛けをしたところ、「オンラインデモ」に関心を持って積極的に、聴く時間を取ってくれるようになりました。

お客様としても「購入しなければならない」とのプレッシャーが軽減し、リラックスした環境で、商品などのデモを素直に聴く(見る)ことができるので、より購入意欲が高まったと予想されます。

このように非対面ビジネスモデルを補助金を契機に沖縄業者が導入したことにより、お客様も気軽に関心を持ちやすく「結果的に密なコミュニケーションが作られている」ケースも増えました。

 

いかがでしたでしょうか、今回は非対面ビジネスモデルを補助金を利用して沖縄の業者が導入するにあたり、それぞれの業者が申請・採択される補助金の解説と、非対面ビジネスモデル導入の成功例についてお話ししました。

観光業が盛んな沖縄では、コロナショックや緊急事態宣言による多大な影響があったことは否めません。そんななかでも、賢く上手に非対面型ビジネスモデルへの模索や、補助金利用を沖縄業者が賢く進めるなかで、すでに復活している事例もあります。

観光業では「バーチャル観光」やそれに伴うお土産の通信販売(ECサイトの開設)、沖縄の工芸品を丁寧に解説した動画の配信など、今なお、上手に賢くネットを活用したアイデアを模索している最中です。

もちろん、沖縄ならではの温かみが溢れる接客など、対面型ビジネスモデルを維持することは大切です。

ただ一方で、生き残るための非対面型ビジネスモデルを、補助金枠拡大を契機に沖縄業者もどんどん進めておいて、平行線でバランスを取りながらウィズコロナ時代突入へ向けた保険としてみてはいかがでしょうか。

【 非対面型ビジネスモデル☆沖縄コロナ対策のパートナー 】

★ 株式会社木立は、非対面型ビジネスモデルの構築と、補助金申請サポートを請け負ってくれます。

→ 2020年の補助金採択率は100%と安心できる実績ですので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

非対面ビジネスモデルの補助金とメリット

・IT導入補助金をゲット
・小規模事業者持続化補助金をゲット
・非対面型ビジネスモデルは効率化にもつながる
・電話営業と共にネットとの相乗効果を期待する
・ネット進出によりアプローチが格段に広がった

Exit mobile version